二貫握り

すしはなぜ「貫」と数えるのか?

すしはなぜ「貫」と数えるのか?

すしを一貫、ニ貫と数える。 その「貫」の語源はどこから来たのだろう? その説は江戸時代に遡る。 江戸時代のすしの大きさが穴あき銭(一文)の五十枚分ぐらいあり、それを一貫と称したからという説がある。 押し寿...