UberEatsに登録し配達して稼いでみた。

干物になったサメ君
干物になったサメ君

正直お金が欲しい。

干物になったカジキ君
干物になったカジキ君

美味しい物をもっと食べたい。
だけどお金はかかる。

干物になったエイ君
干物になったエイ君

UberEatsってサービスがあるんだけど
空いている時間に働いてお小遣いを稼げるそうですよ。

ヒラメ君
ヒラメ君

その話、何?気になる。

干物になったマンボウ君
干物になったマンボウ君

まぁ話だけでも聴いてみましょうか。

スポンサーリンク

UberEatsとは?何?

最近、都市部で自転車やバイクに乗り、バックを背負って配達している人を見かけませんか?
2016年9月に東京で開始された料理の出前サービスです。

UberEatsのコンセプト

おいしい料理をすぐにお手元へ。

お腹が空いたら、お気に入りのレストランのお好きな料理をすぐに注文できます。

お好きな料理をいつでもどこでもお楽しみください。ボタンをタップするだけで、周辺にある人気レストランの料理がすぐに見つかります。

地元のレストランやお気に入りのファスト フード店の料理を探したり、レストランや料理名、料理の種類を指定して検索することもできます。ハンバーガーやお寿司、ヘルシーなサラダにドリンク。今すぐ食べたいお料理を UberEats で注文しましょう。

今まで料理の出前サービスをやってなかった店舗がUberEatsに加盟するだけで、
UberEats配達員を店に呼び、料理を渡して、お客様の元へと運びお渡しするシステム。
なんて画期的なサービスでしょうか。
UberEats加盟店も徐々に拡大してるみたいですね。
お店(飲食店)の売り上げが上がるメリットもあるし、
運ぶ人にも手間賃(配達料)が貰えるメリットあるし、
ご注文者もアプリから注文出来て、自宅などで手軽に食事する事が出来る。
干物になったサメ君
干物になったサメ君

まさにwin-winの関係ですね。
時代の流れはすごいわ。

まずはUberEatsの配達員の会員登録

①UberEatsの配達員の登録→アクセス

②必要項目を入力。免許書など身分証明書を写真を送り、登録。

UberEatsパートナーセンターに行き説明を受け、バッグを受け取る。

④身の回り準備し実際に配達へ。

この流れです。

これはダウンロード必ず。
Uber Driver – ドライバー用のアプリは下記からダウンロード。

UberEatsの配達員になるにあたって準備したこと

①モバイルバッテリー

②自転車やバイクのハンドルにスマホを固定するスマホホルダー

取り敢えずこの二つがあればいいと思います。

後はバックの中身にカゴを設置してタオルを置いて工夫しました。
ドリンクの注文があったらこぼれない様に、滑り止め&タオルで押さえたり。
という使い方をした方がいいと口コミであった。

そしてUberEatsパートナーセンターでバックを貰った時に、usb充電式のテールライトを頂いたので自転車後部に設置。

干物になったサメ君
干物になったサメ君

サンキュー!ウーバー!

実際に配達して稼いでみた!

目標、1日5000円を稼ぎたい。
流れとしては

①出発準備が出来たら、UberEatsドライバーアプリを起動しオンラインにして、配達注文待機する。

②オーダーが来たら商品受け取り店舗に行き、受注番号を伝え、商品を受け取る。

③お客様の元へ配達へ。

④配達完了し、報酬をゲットする。

以上の繰り返しです。

さて5000円稼ぐにはどの位自転車で走るのでしょうか・・・?

結果:自転車で50キロ走ってようやく5000円。
配達日:平日の月曜日 11時~20時位。
配達件数:11件

干物になったサメ君
干物になったサメ君

こればっかりは、時間とタイミングによりますなぁ。

UberEatsをやってみての感想

感想:配達するのは楽しい。
こんな住宅街にこんなお店があったのかと、知ることも出来たし、道も覚えることが出来た。
平日だからか配達注文のオーダーが来たり、来なかったり。
連続して配達できればもっと稼げたと思う。
遠いところに配達してからの帰り道が面倒。
直ぐに配達した金額が分かり、達成感がある。
良い運動になった。自転車で50キロって、よく走ったなと。
ダイエットになる。健康にいい。
お金を稼ぐというのは大変だなぁと改めて思った。
好きな時に働ける。自分の隙間時間で出来るから最高。
お客さんの注文品が分かるから、このお店でこういう物を頼むんだと市場調査が出来る。
これからも続けていこうと思う。

干物になったサメ君
干物になったサメ君

生きるために【食べる】食べる為に【働く】!

干物になったカジキ君
干物になったカジキ君

小銭も塵も積もれば山となる。
美味しい物をもっと食べたい。

ヒラメ君
ヒラメ君

良い運動した後の、ビールは格別うまい!

干物になったマンボウ君
干物になったマンボウ君

配達するにあたってちゃんと責任をもって配達しよう。

干物になったエイ君
干物になったエイ君

そして車に気を付けて
無理のないように安全運転で行きましょう。

タイトルとURLをコピーしました