すしはなぜ「貫」と数えるのか?

スポンサーリンク

すしを一貫、ニ貫と数える。

その「」の語源はどこから来たのだろう?

 

その説は江戸時代に遡る。

江戸時代のすしの大きさが穴あき銭(一文)の五十枚分ぐらいあり、それを一貫と称したからという説がある。
押し寿司の切り付け一巻きから一貫という言葉に転じた説。

実際のところ分かってはいない。

すし二貫握りの訳は?

大きいすしなので食べやすいように二つに切って出した。
そこから同じタネのすしを2個づつ握るようになった。という説もある。

ただ単に、毎回毎回、魚を切りつけて握る手間を考えたら2貫だした方が握り手は楽である。
忙しいので握ったすしの勘定計算を楽にするために2貫だしたのか?

実際のところ分かってはいない。

現代のすし店は店によってすしはニ貫だしなのか、一貫だしなのか違うので
お店の人に確認してもいいでしょう。

コメント