つきじ宮川本廛でウナギを食べたら胃袋にインパルス(衝撃)が走った!

干物になったサメ君
干物になったサメ君

たまにはウナギを食べたいんだな・・・

干物になったエイ君
干物になったエイ君

ウナギと言えば・・・築地に名店があるゾ

その名は”つきじ宮川本廛”だ!

干物になったサメ君
干物になったサメ君

おぉ食べに行ってくる~!

店名 つきじ宮川 本廛
営業時間
11:30~14:00
17:00~20:30(日・祭日は20:00)
定休日 毎週土曜日
アクセス
〒104-0045 東京都中央区築地1−4−6

まずはメニューを決める!

キリンビールで喉を潤しつつ、うなぎの柳川が到着。

干物になったサメ君
干物になったサメ君

この卵のふんわり具合ゴボウウナギのコラボレーション最高か。

お次は「ウナギの肝焼き」

干物になったサメ君
干物になったサメ君

ほろ苦さの中にある甘み、旨味が美味しすぎる。
1本1080円・・・

食べる価値ありあり!噛み締めるたびに幸せになれる~

芋のボトルを注文。
お酒がすすんでしょうがない。

うざくを注文。

干物になったサメ君
干物になったサメ君

うざく・・・

ウナギのかば焼き塩もみした胡瓜三杯酢の組み合わせ。

いい箸休めです。

うまきを注文。

干物になったサメ君
干物になったサメ君

玉子焼きの中にウナギがぁああああ!
玉子はなんてやさしい味なんでしょう?
ウナギの香ばしい味と合います。

注文してからウナギを焼く所から始まる。
という、うな丼が到着。

所要時間4,50分くらい経ったか?
他のつまみに舌鼓し丁度良いころ合いに出来上がった。
うな丼を待っている時間こそ人生の至福のひと時ではなかろうか?

うな丼、肝吸い、おしんこ。
イ、ロ、ハ、ニ、中入
とランクがあり「」を注文。
は¥4860だ!
ところであなたはうな重派うな丼派
私はうな丼派です。
うな重は角ばって食べづらいのだ。^^

干物になったサメ君
干物になったサメ君

蓋を開けるとウナギの香ばしさが鼻腔をくすぐる。
食欲がさらに掻き立てられる。むは~!

干物になったサメ君
干物になったサメ君

ウナギは言うことなく美味しい、このウナギのタレがまた、凄くいい!私は好きだ。
タレご飯だけで3杯ご飯イケルレベル!

ウナギに山椒をかけて食べたら更に胃袋が喜んださ・・・。

まさに今日は胃袋にインパルス(衝撃)が走ったのである!

もう何もかも美味しかったです。
これからも美味しいものを食べる人生を歩みたい。
ご興味がある方は是非、つきじ宮川本廛さんへ行って見かれてはいかがでしょうか?

コメント