日本全国旨いもの 宮崎の魚の魅力をたっぷりご紹介

 

宮崎

黒潮がもたらす豊かな海の幸。
ブランド魚の種類の豊富さは、全国でもトップクラス。

干物になったサメ君
干物になったサメ君

宮崎は高千穂峡が有名。
素晴らしい景色だったなぁ。

干物になったエイ君
干物になったエイ君

宮崎の都農町で食べたうなぎ丼が美味しかった。
身が厚くて!ふっくらしていてうまし。

 

干物になったカジキ君
干物になったカジキ君

道の駅でアジの丸ずしも買って食べた。
酢締めしてあるアジ。食べ応えのある大きさのにぎり。
アジと酢飯の塩梅が良く美味しかった。

スポンサーリンク

宮崎の知識

宮崎の代表魚15種類


カツオ、マグロ、タイ


カンパチ、シイラ、トビウオ


イセエビ、アジ、イワシ


ブリ、ヒラメ、オオニベ、

川魚

アユ、ウナギ、ヤマメ

日向のハマグリは最高級品
かつてハマグリの産地として名を馳せた日向市。
そのハマグリで作られるのが、最高級の碁石である。
材質を生かした碁石づくりには、熟練した高度な技術が必要。

宮崎の名物魚介類

宮崎カンパチ
通年あり。宮崎県水産ブランド品の第一号。
一貫した飼育管理が行われ、肉質が締まっている。出荷時に独自の活〆装置を使用し、鮮度を長期間保てる。

宮崎一口アワビ
秋~春。延岡市の南浦周辺海域の入り江で、良質な海藻のみを飼料とし、飼育した5~10㎝の一口サイズのアワビ。火を通しても、肉質は適度に柔らかく甘みがある。

延岡のメヒカリ
夏。眼球が青く光ることからその名が付いた。
延岡近海で獲れる小魚。水深100~300mに棲息し、底引き網で漁獲される。
淡泊な味なので、料理しやすい。

北浦灘アジ
夏~冬。波が荒いことで知られる日向灘に棲息するアジを、1週間以上エサを与えずに畜養し、脂を全身に回らせるため味がまろやか。

日南の一本釣りの初ガツオ
春。黒潮に乗ってやってきたカツオ。日南では、古くからカツオの一本釣りが盛んで、全国に先駆けて水揚げされる。あっさりとした味わいが魅力。

トビウオ
夏~秋。初夏から秋にかけて、沿岸にやってくる。刺身にしたり、干物にして食べられている。
カルシウム、ビタミンEの50倍の効力を持つといわれるセレンが豊富。

門川金ハモ
夏~秋。底引き網で獲ったものを、紫外線殺菌した海水で4日間以上畜養。
規格は400g~1㎏と定められている。脂がのった身のほか、捨てるところがない魚である。

五々瀬ヤマメ
五ヶ瀬川の源流にある養魚場で、ミネラル豊富な水源を利用し無投薬で育てられたヤマメ。
規格は45g以上に定められている。

シイラ
夏~秋。1年で1m以上にも育つ成長の早い魚。
宮崎で引き縄やはえ縄などで漁獲される。

ひむか本サバ
通年あり。県最北東端の北浦町で、無投薬で養殖された400g以上のマサバ。
適度な脂肪があり、調理しやすい。活〆や輸送手段によって保たれた鮮度も自慢。

有名宮崎市場

宮崎市中央卸売市場水産関係宮崎魚市場
〒880-0834 宮崎県宮崎市 新別府町雀田1185

港の駅 めいつ
〒889-3204 宮崎県日南市南郷町中村4862−9

大分の郷土料理

かつおめし
カツオの刺身をご飯に乗せ、甘辛い醤油ダレをかけたもの。
上から熱いお茶を注いで食べる。漁師飯。

あげみ
魚のすり身揚げ。アジ、エソなど地元で獲れる新鮮な魚を骨ごとすり身にして、油で揚げて作る。

タイトルとURLをコピーしました