穴子(アナゴ)の生態と栄養素と効用

干物になったサメ君
干物になったサメ君

アナゴの生態について考察しましょう。

干物になったエイ君
干物になったエイ君

アナゴはどんな栄養素があるのか?
また、アナゴを食べたらどんな効用があるのか?
勉強しましょう。

スポンサーリンク

穴子(アナゴ)の生態と栄養素と効用

標準和名
ウナギ目アナゴ科 マアナゴ(真穴子)


生息域
北海道以南の各地。
東シナ海、朝鮮半島。
能登半島以北の日本海には少ない。


語源
夜行性で昼間は海底の穴に潜んでいるため、またよく穴にこもっているため「あなごもり」に由来する。


地方名
ときに「本穴子」。また体に白い点が規制的に並んでいるので、関東では秤目(はかりめ)などともいう。

穴子の知識
関東では煮穴子が主流。
関西では焼き穴子が一般的。
穴子の稚魚を「のれそれ」という。
しかし、乱獲で漁獲量が減っている。

穴子のおろし方

昔から関東では「背開き
関西では「腹開き」というさばき方が主流。

江戸前の天ぷら、寿司には欠かせないアナゴ。
真アナゴの成魚はオスで体長40~45㎝、メスになると1mになるが、市場に出回る真アナゴは30~40㎝位のものが多い。
すしダネには手ごろな大きさだが、味本位でいえば、「めそっこ」と呼ばれる15㎝くらいの若魚が最高。
身も皮も柔らかい。

穴子を買うときのポイント
活〆もの野じめ、開いてある「割きアナゴ」があるが活〆穴子を使いたい。
野じめにはない柔らかさがある。
選ぶときは、太めで身の締まったものが味が良い。

 

穴子の旬


穴子の栄養素
脂質、ビタミンA、EPA、DHA

穴子の効用
視力回復

 

タイトルとURLをコピーしました