赤貝(アカガイ)の生態

赤貝(アカガイ)の生態

 

干物になったサメ君
干物になったサメ君

赤貝ってどうなんです?

干物になったエイ君
干物になったエイ君

コリコリしてて・・・磯の香りというか血潮の香りが・・・美味しいの。

干物になったカジキ君
干物になったカジキ君

勉強してみましょうね~。

・標準和名 赤貝 (アカガイ)

フネガイ科

・生息域

北海道南部から九州。
沿海州から東シナ海。
内湾の砂泥地。

・語源

血液中の色素に人間と同じヘモグロビンをもっており、身の色合いが赤いため。

・地方名

市場では単にタマ(玉)。
外洋性のサトウガイと区別するために「ホンダマ(本玉)」「ホンアカ(本赤)」などともいう。

・知識

赤貝のちょうつがいから伸びるスジは42本。

宮城県閖上(ユリアゲ)のものが色合いも味もよく国内随一であり、高価。
高級寿司屋などだけで食べられる。
昔は江戸前でたくさん穫れていて、東京湾のものが最高級であった。

赤貝の旬

冬から春

赤貝の栄養素

ビタミン、鉄分、カルシウムなど豊富。

赤貝の効用

疲労回復、動脈硬化、肝臓病

 

干物になったサメ君
干物になったサメ君

最近は国内産の赤貝は希少で高いみたい。

干物になったエイ君
干物になったエイ君

安価な中国や韓国産の赤貝の輸入して使っているお店も多いらしい。

干物になったマンボウ君
干物になったマンボウ君

出来れば一度、国内の閖上産の赤貝を食べてみてほしい。
香りと味が抜群にウマイ!食べてみる価値あり!

干物になったカジキ君
干物になったカジキ君

貝類が好きな方は赤貝のひもも好きな筈!

コリコリとした触感が癖になるぅぅぅ!

築地の王様 赤貝 赤貝ひも 500g (寿司ネタ・刺身用・天然赤貝ひも)
築地市場から厳選海鮮を発送する「まぐろなら築地の王様」
¥ 1,890(2019/01/03 01:03時点)

コメント