鮪(マグロ)の生態と栄養素と効用

 

干物になったサメ君
干物になったサメ君

鮪(マグロ)の生態について勉強するゾ

干物になったエイ君
干物になったエイ君

ほうほぅ。どんな生態なのだろう?

スポンサーリンク

鮪 (マグロ)の生態

標準和名
サバ科 クロマグロ(黒鮪、黒真黒)

生息域
日本近海。太平洋北部、大西洋暖海域、全世界温帯域。

語源
背が黒い、肉が赤黒い、目が黒いことなどから、本来は「真黒」と書く。


地方名
一般にはホンマグロ(本マグロ)と呼ばれることが多い。
小さいものをカキノタネ成長にしたがってコシビ、コチウ、コビン、コメジ、シビコ、シンマエ、マメジ、メジマグロ、ヨコワという。

マグロの知識
国内の食用マグロは6種類。

メバチマグロ
キハダマグロ
ビンナガマグロ
クロマグロ
ミナミマグロ
コシナガマグロ

王様の黒マグロは1尾で家が買える値段もする時がある。

一般に流通するのはおもに、メバチマグロで。しかも生は少なくほとんどが冷凍もの。


マグロの部位

赤身
体の中心部と後半部分。
脂が少ないものの、マグロらしい適度な酸味と香りがある。

中トロ
体の前半の背部分の皮に近い部分。
スジがなく適度に脂があり、味のバランスがよい。

大トロ
クロマグロ、ミナミマグロだけにある。腹側の内蔵を包んでいる部分で脂が強い。

 

マグロの旬
国産天然ものの旬は冬。
しかし、冷凍もののが主流となり、季節感がなくなっている。

マグロの栄養素
ビタミンD、E、ナイアシン、タンパク質、不飽和脂肪酸(EPA、DHA)

マグロの効用
老化防止、動脈硬化、虚弱体質、脳卒中、心臓病、高血圧、虫歯予防

 

干物になったサメ君
干物になったサメ君

普段何気なく美味しい~!と鮪を食べていたけどこんな生態だったのか。

干物になったエイ君
干物になったエイ君

鮪を食べた時の栄養、効用なんて知らなかった・・・。
勉強になりました。

 

タイトルとURLをコピーしました