鯵(アジ)の生態と栄養素と効用

干物になったサメ君
干物になったサメ君

アジの生態について考察しましょう。

干物になったエイ君
干物になったエイ君

アジはどんな栄養素があるのか?
また、アジを食べたらどんな効用があるのか?
勉強しましょう。

スポンサーリンク

鯵(アジ)の生態と栄養素と効用

標準和名
スズキ目アジ科 マアジ(真鯵)


生息域
北海道南部から東シナ海までの、水深2M足らずの港から水深150Mの場所まで。


語源
味の良さから「」から「アジ」になった。


地方名
市場で単に「アジ」といえばマアジの事。
ときに「本アジ」ともいう。
小さいものを「豆アジ」、大きいものを「大アジ」ともいう。
マアジは大きいものが美味しいとは限らない。
むしろ「大味」の意味ともいう。

アジの知識
アジには2種類いる。
浅瀬であまり回遊しないアジ「黄アジ型」
やや深い場所で回遊するアジ「黒アジ型」

黄アジは小ぶりだが脂ものっており旨みが強い。淡路島のアジが有名。
黒アジは漁獲量は多いが、脂がなく、身質が粗く、旨みにかける。

黄アジの方が高値である。

生の握りの際には
臭み消しにショウガとアサツキをのせる。
その際に飾り包丁を入れておくと薬味がこぼれにくい。

アジの旬
春から夏 5~7月

アジの栄養素
EPA、DHA、カルシウム、アラニンなどかなりの栄養素がある。

アジの効用
心筋梗塞、脳梗塞、眼精疲労、頭痛、肩こり、高血圧、動脈硬化

 

タイトルとURLをコピーしました