肉の知識・野菜の知識も「Niku Yasai Design」にて配信中!Niku Yasai Design

赤貝(アカガイ)の生態と栄養素と効用

赤貝(アカガイ)の生態

標準和名
フネガイ科   赤貝 (アカガイ)

生息域
北海道南部から九州。
沿海州から東シナ海。
内湾の砂泥地。

語源
血液中の色素に人間と同じヘモグロビンをもっており、身の色合いが赤いため。

地方名
市場では単にタマ(玉)。
外洋性のサトウガイと区別するために「ホンダマ(本玉)」「ホンアカ(本赤)」などともいう。

赤貝の知識

赤貝のちょうつがいから伸びるスジは42本。

宮城県閖上(ユリアゲ)のものが色合いも味もよく国内随一であり、高価。
高級寿司屋などだけで食べられる。
昔は江戸前でたくさん穫れていて、東京湾のものが最高級であった。

赤貝の旬

冬から春

赤貝の栄養素

ビタミン、鉄分、カルシウムなど豊富。

赤貝の効用

疲労回復、動脈硬化、肝臓病

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる