肉の知識・野菜の知識も「Niku Yasai Design」にて配信中!Niku Yasai Design

ビール工場見学で作りたてのビールを味わう! アサヒビール編

干物になったサメ君

アサヒビール大阪吹田工場にに行ってまいりました。
アサヒといえば・・・?

干物になったエイ君

アサヒスーパードライ!!

住所:アサヒビール 吹田工場
〒564-0071 大阪府吹田市西の庄町1 吹田市西の庄町1−45

HP:https://www.asahibeer.co.jp/brewery/suita/

工場見学受付には事前にインターネット予約電話予約して確認しましょう。
見学ツアーは約90分です。スタート時間の詳細はHPにて。

工場見学の始まり~!

全国にあるアサヒビール工場8か所の内、歴史が一番古いのは吹田工場。

1889年11月に成立。

歴代のポスターを見て。

 ビールを造る工程で必要な材料を学び。

仕込み段階を学び。
缶にビール詰める作業。
干物になったサメ君

ひぇ~スゴイ量だ!

干物になったエイ君

こうして一般の消費者へ届くんですね。

試飲タイム!!
アサヒスーパードライのエクストラコールドの試飲。

エクストラコールドとは?

それは、限られた時間しかグラスに存在せず、限られた店舗でしか飲むことができない。

最先端の温度管理システムと専用サーバーが生んだ、
氷点下(-2℃~0℃)のスーパードライ。

冴えわたるキレ。シャープなノドごし。
五感の全てで味わう、かつてない「辛口」体験を。

干物になったサメ君

工場見学最高!

ドライブラックも試飲出来ました。
ドライバーの方には受付時にバッチをつける義務があり
試飲の際にはノンアルコール、ジュースなどが用意されています。
~~余談~~
アサヒビール四国工場にも行ってきました。
なんと四国工場ではドライブラックのエクストラコールドが試飲出来ました。
う~む飲食店で滅多に見かけない?珍しいですね。一味違いました!
あとはギフトなどに送られるアサヒスーパードライジャパンスペシャル。
美味しいんです!
ビール工場は楽しいし勉強になります。
その土地、その工場に行き歴史を学び、見学してみるのも面白いでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる