※サイトメンテナンス中「リンク切れ」や「表示の崩れ」があります。

【すしの食べ方】すしを食べる時は箸か?手か?

すしを食べるときは箸か?手か?

江戸時代で食される寿司は屋台で立ったままを食べた。

この「立ち」の寿司は手で食べるものと決まっていた。

立ち食いは昭和の時代までは多く見られ、

客が汚れた手を暖簾で拭いて出て行くことから

暖簾が汚れている寿司屋ほど客がたくさん入る旨い店

などと言われたものだった。

しかし

今現代は椅子に座って寿司を食べるのが主流となり、酒やおつまみが出されるようになった。

客層も子供や女性に広がるにつれて、立ち寿司でも箸が提供されるようになった。

結論

箸でも手でもどちらでもよい。

手でも箸でも好きなように食べればいいのだが、握りたてを手で食べると

酢飯をふんわり握る職人の技が感じられる。

箸でもいいが、シャリが崩れないよう食べたい。
そこは板前の握る技量だが、、、。

すしの魅力とは・・・?でも書いたが「すしは奥が深い。」

Sushi Sakana design
すしの魅力とは・・・? | Sushi Sakana design
すしの魅力とは・・・? | Sushi Sakana design干物になったエイ君 すしの魅力とは・・・? 干物になったサメ君 なんだろう? すしを食うことは 以前、dancyuという雑誌に「すし特集」がありこんなことが書かれていた。 ...

[rakuten id=”rakutenkobo-ebooks:14264421″ kw=”dancyu (ダンチュウ) 2015年 01月号 雑誌   電子書籍版 dancyu編集部”]

 

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる