肉の知識・野菜の知識も「Niku Yasai Design」にて配信中!Niku Yasai Design

海胆(ウニ)の生態と栄養素と効用

海胆(ウニ)の生態と栄養素と効用

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_1322-1024x576.jpg

標準和名
オオバフンウニ科 エゾバフンウニ(蝦夷馬糞海胆)
オオバフンウニ科 キタムラサキウニ(北紫海胆)


生息域
太平洋側では福島以北。
日本海側では山形以北。
北海道、朝鮮半島、中国東北部、サハリン、千鳥列島など。


語源
バフンウニの「バフン」はその姿から。
「エゾ」は、近縁種「バフンウニ」に似ており、北海道など北に多く生息することから。
また「ウニ」は、漢字で「海胆」、「雲丹」、「海栗」などと書く。
「海胆」の「胆」は肝のこと。
古くはウニの食べられる部分を肝だと思われていたことによる。
「雲丹」の雲は集まること、「丹」は赤いもので、ウニの食べられる部分を指す。
「海栗」はそのトゲだらけの姿から。英名の「Sea urchin」というのも海のハリネズミの意。


地方名
流通の世界では食べられる部分(生殖巣)の色から「赤」。北海道ではガゼ、ガンゼ。

雲丹の知識

日本で食べられるウニは、エゾバフンウニキタムラサキウニで、この2種が全体の90%以上を占める。

バフンウニと呼ばれるのがエゾバフンウニ。市場では「」と呼ばれる。

ムラサキウニと呼ばれるのがキタムラサキウニ。市場では「」と呼ばれる。

雲丹の違いは?

エゾバフンウニ
旨味が濃厚で甘く、後味が強い。
生で食べるより蒸したほうが美味しい。
産地には蒸したものがまれに入荷するが、生を上回る味なので試してみよう。

キタムラサキウニ
旨味が淡く、あっさりしている。
食べ方はそのままの生が一番。


ウニの旬



ウニの栄養素


グリシン、アラニン、グルタミン酸、バリン、メチオニン


ウニの効用


骨と歯の強化

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる