タイの尾を持つのはダメ?

テレビなどで、大きなタイの尾を持ってぶら下げて得意気になっているが、特に大きな魚は尾を持つと身にかかる負担が大きく、身が傷んでしまう。

河岸のプロたちは決してそんなことはせず、頭から尾を下から支えるようにそっと持ち上げる。

そもそも魚は冷たい海の中を泳いでいるため、人間の体温、約40度近い手で魚を持つと魚が「ヤケド」して身が傷んでしまいます。

なるべく触らないようにするのが魚のため、自分たちが美味しく食べるための必要最低限のルールなので覚えておきましょう。

干物になったサメ君
干物になったサメ君

僕たち魚を大切に扱ってほしい。

干物になったエイ君
干物になったエイ君

触られるとヤケドしてしまう!

[rakuten id=”book:16576907″ kw=”からだによく効く旬の食材 魚の本 講談社”]
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

すしと魚と肴と酒ブログ。

専門性あるすしの知識と魚の知識を配信。

食べ歩き行動範囲は千葉・東京中心。

海鮮系中心で「ボリュームあるお店」・「コストパフォーマンス」がいいお店を中心に掲載しています。

★心より飲食店様応援中です★

目次
閉じる